相続はあらゆる問題があるため、異業種との提携は不可欠です。

相続人が遺産を分けることで、遺産分割協議について弁護士に相談

弁護士

財産の額から、相続税の発生を懸念し、税理士を紹介

税理士

財産に不動産があり、登記が必要なため、司法書士を紹介

司法書士

士業間では、よくある業務提携の流れです。上の例では、司法書士は税理士とつながってなければ、受注はできませんでした。税理士も同様に弁護士とつながっていたために、受注が実現しました。

ところが、こんなときはどうでしょう?

士業間

更新日:

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.